買いました。
 そういえば、新刊を買うのって、結構久しぶりかもしれません。最近は借りてばかりで、あまり本は買っていない気がします。

 いやあ……日曜日の朝にやっている、地域ローカル番組のベストセラーランキングをぼんやり眺めていたら、何だか聞き覚えのあるようなタイトルの本が、1位だったんですよね。
 作者名は田中芳樹、というのも見て「もしや」と思ったら……アナウンサーさんがご丁寧に「アルスラーン戦記の最新作」だと紹介して下さいました(笑)

 という訳で、その日のうちに本屋に行って、そのまま読み始めてすぐに読破してしまいました。
 新刊が出るというのは知っていたけど、本当に出るのか、今度も予定は未定状態になるのでは……なんて思ってたら、今回はちゃんと本当に発売になったようで(笑)
 前巻が出たのが99年なので、約6年ぶりの新刊ですか……長かったなぁ。
 でも前回の巻は「7年半ぶりのシリーズ再開!」という触れ込みだったので、それよりは少しだけ待つ期間は短くて済んだらしい……あんまり慰めにはならない(笑)
 そして、ついでに数えてみたら、私がアルスラーン戦記を知ってから、大体10年になるらしいと知ってビックリ。そうか、もうそんなになるんだ……あと10年あれば完結してくれるだろうか(笑)

 それはともあれ内容ですが、タイトルの通り、内容は妖魔関連のものが大半を占めていて、すっかり「仮想戦記物」というよりも「王国に忍び寄る魔の手と戦う王子様を主人公にしたファンタジー」という色が強くなっちゃってますね。
 レイラはそういう役回りなのか、とか、エステルはそういう人と一緒にそういう事になっちゃうのか……という辺りが意外な点。次の巻は更に妖魔色が濃くなって、関係者が色々な意味で集まって来そうなので面白そうですね。
 そろそろ本格的にパルス軍と蛇王側が対立して盛り上がりそうなのもあるので、早く続きが読みたいですね。できれば3年以内くらいで次の巻を読みたいです(笑)

 あとは、出版社が変わって新書になった事もあってか、少しボリュームが増えたような気がします。うーん、しっかり比較した訳ではないので、本当はどうかはわかりませんけどね。
 それもあって、ちょっぴり満足感はアップでした。

 アルスラーン戦記は面白いので、ご存じない方には是非、1巻から読んでみて下さい。オススメですよ~。

433407619X魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)
田中 芳樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト



2005/10/05 (Wed) 18:36 | | コメントする(0) | Trackback(1)
 | HOME |