上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 そういえば、ちょうど今週はクイズマジックアカデミーで全国大会を開催中だったなぁ……という事を思い出して、ちょっと挑戦してまいりました。
 カードを差し込んでみたら、表示されるは全国大会の結果発表……って事は、どうやら私は前回の全国大会以来、一度もQMAをプレイしていなかったようで。
 最近はアヴァロンの鍵ばかり遊んでたっけそういえば、なんて思いつつ、前回の大会参加分の貢献度を回収回収。

 で、全国大会モードを選んで、早速挑戦。
 最初のジャンルは学問のタイピング問題。って私が一番苦手な所じゃないか。
 こりゃあ開始早々に落っこちて終わりかなぁ……とか暗い気持ちと共に回答開始。結果、何とかギリギリ3位で勝ち抜き成功。ほ。
 その後も何とか残りつつ進んで、6人抜きしたところで1プレイ終了。勝ち抜き続けている状態で終わったの、これが初めてです。うわー、嬉しいなぁ。
 折角なのでもう1クレ投入して更に全国大会。もう少し記録伸ばせたら良いなぁ……なんて期待したものの、1回目の対戦でコンマ2秒の差で見事に撃沈。……まあ、こんなもんですよ、ええ。

 という訳で、今回の全国大会は、6人勝ち抜きにて終了。
 前回の記録が5人抜きで過去最高だったはずなので、これでも立派な自己ベスト更新です。……言ってて少し虚しいですが。

 そのあとはトーナメントの方に移動してプレイする事に。
 してみた訳ですが。
 マッチングしたメンバーが自分以外全員COMというのを体験してしまいました。なんですかこれ、初体験ですよこんなの。
 そして「どーして?」というくらい強敵なCOMの面々。サッパリわからない問題が続いた事もあって、予選2回戦で撃沈。なんかこう、かなりショック。
 もう1回リベンジするぞ、とコンテニューしようと百円玉を投入……したら、今度は今度で、何故かコインを認識してくれない。下に出て来ている訳でもないので、どうも飲まれてしまった模様。こんな体験も初めてですよ……。
 仕方が無いのでカードを回収して店員さんを呼びに。中を開けて貰ってコインを回収してもらい、気を取り直して改めてプレイ。
 今度はそこそこの成績で勝ち進み、決勝進出達成。んで成績はというと……さっぱり解らない問題ばかりでズタボロ。結果18点。
 でも3位。
 ……ちなみに2位が20点ちょっと、優勝者も30点位の成績でした。他の方も全然わからん問題の連続だったようです。
 18点だろうと3位は3位なんだいっ、と、半分くらい虚しさを覚えつつも好成績を獲得できたという事で終了。むーん、もうちょっと高得点が取れるようになりたいですねぇ。目指せお馬鹿克服。
 全国大会の時期以外にも、もう少しプレイするようにしよう、うん。
スポンサーサイト
2005/08/27 (Sat) 03:44 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近「指輪物語」を読み始めました。
 ずっと前から読みたいとは思っていたのですが、なかなかその機会が無くて。映画が公開されてブームも過ぎ去っただろうという今更になって、ようやく読む事が出来ました。

 で、指輪を読むぞーと思ったら「指輪物語の前に、まず『ホビット』を読んだ方が良いよー。ホビットの続編が指輪って位置付けだからー」という有難い助言を頂きまして。それと同時に「これなら持ってるから貸すよ」と絵本版のホビットを貸して貰ったので、まずはホビットから読んでみる事に。

 ストーリーは、ホビット族の主人公がドワーフと一緒に旅に出るというもの。旅の途中で幾つかの小さな冒険や事件を積み重ねながら進んで、最終的に大きな冒険を達成させる……って感じの内容ですね。登場人物としては、指輪の映画版で耳に覚えのあるガンダルフが登場していたりします。
 絵本版だから多分、あちこち端折ってあったり、ソフトな表現になっていたりするんでしょうけど、絵本にしてはしっかりとストーリーを詰め込んである印象でした。この本は絵本というか、漫画という表現がしっくりきますね。

 読んでみて、ホビットを先に読んだのは正解だなぁと思ったり。既に指輪物語自体も読み始めているので尚更なんですが、これ、ホビットを読んでいる事を前提にして書かれている本なんですね。一応説明は織り込まれているので、ホビットを読まずに読んでも訳がわからないというような事にはならないでしょうけど、多分面白さが半減するんじゃないのかなーと。
 本屋で指輪物語のコーナーとかを見ても、指輪を並べてあるだけで、ホビットまでは揃えていなかったりするので、そうなのだとは全然思いもしなかった……これは助言に大感謝ですねぇ。ラッキーだった。

 ちなみに、イラストメインではあるのですが、テキストもかなりある(しかも文字をかなり小さくしてまで載せてある)ので、読み終わるには結構時間が掛かりました。軽い気持ちで読むと、なかなか読み終わらなくて大変かも。何せ絵本なので、小説と違ってなかなか区切るのに良いページが無いから(笑)あと、絵本ではありますが、これは子供向けというよりも、大人が楽しむ絵本、ってレベルなので、その辺もご注意。
 内容自体はかなり面白かったです。子供の頃に童話を読んだ気分を思い出しつつ、かなり楽しんで読む事が出来ましたね。絵の雰囲気なども合わせて、ファンタジー好きな方ならば、かなり楽しめるんじゃないでしょうか。
 あまりに面白かったので、私は、小説版の方も読んで内容を比較してみたいと思ってしまった位です。

 という訳で、絵本版のホビットはかなりオススメです。ファンタジーがお好きな方、機会があればどうぞ。

4562032596絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien David Wenzel


Amazonで詳しく見る

 で、次は指輪の方を読み始めたのですが、ホビットが(絵本だったのもあるんでしょうけが)サクサクと進んだのに比べて、かなりのんびりとした展開なので、ちょっと退屈しつつ(笑)この先の冒険がどうなるのか楽しみにしながら読み進めていたり。
 第1部の「旅の仲間」が4冊構成だったりしますからねー。とりあえず、指輪物語本編の感想は、また今度という事で。
2005/08/26 (Fri) 23:57 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 すっかり忘れてたんですが、もう「はぴがく」の発送日が来ていたんですね。
 という訳でテイル届きました。
 メインだけが。

 ……サブが来る前にメインだけ来たのって、2学期と合わせても初めてじゃなかろうか。てゆーか、メイン来てサブが届いてないって、ある意味逆に怖いのですが(笑)

 で、残念ながらランキング外。なので当然のようにテイルも登場ならず。結局はぴがくではテイルに登場できないままに終わっちゃったか、残念……とか思ってましたらば。
 ぺらり。
 ……なんかミニテイルに見慣れた名前あるじゃないですか。
 という訳で、メインは逃してしまいましたが、最後の最後でミニテイルに登場する事が出来ました。しかも「学園悪人列伝」サブ関連で。一緒にパーティ組んでるPCさんに関連するコメントを書いたら、その内容が採用されたようです。ただ、登場しているのは由太だけなんですが。
 これは多分、選んだメインシナリオが違うから一緒に登場できなかったんでしょうね。……ミニテイル化されたのが由太だけだったら申し訳ないです。そちらはどうでした?(私信)

 ちなみに内容は、絵本作りをする友達の影響でジュリアの絵を描いてみる事にした由太と、それを脇で一人何やら心配するブランカ、というものでした。そしてやはりここでも脚線美。

 で、ざっと見ての感想ですが、今回は昔のようにメイン登場PCが多くて良いですね。最終回だから少しサービスって事なんでしょうか。
 毎回この位登場させようと思えば出来るだろうから、やってくれれば良かったのになぁ。
 あとはパスポート式の「わくわく大学園祭」の告知と、ファイナルブック購入特典の特別アドベンチャーの選択肢が掲載……って、特別アドベンチャー用の葉書って、今回のテイルで同封なんですか(笑)
 てっきり振り込んだ人にだけ連絡が来るとか、ファイナルブック同封で葉書が届くとか、そんなんだと思ってたのである意味ビックリ。
 でも、これだとちと疑問が。一人で複数冊購入して、1PCで複数アドベンチャーに参加したいって人は、一体どうすれば良いのでしょう。……PASが想定してないはずが無いと思うんだけどな、このパターン。
 まぁ、私は買うとしても一冊だけなので、あんまり深く気にしないでおく事にしよう。うん。
 ちなみに購入するとしたら、参加アドベンチャーは断然01の同窓会ですねー。むしろ、このネタが最終回のサブのネタに欲しかったくらいですよう、5年後シリーズで。


 ……という記事を書いて一日。サブの方も無事に到着しました。
 最後の最後でパーティが組むのに失敗したりしたら嫌だなぁとか思っていましたが、そんな事も無く。無事に他のPCさんとご一緒できてて安心。
 簡単な感想としては、虹作りはほのぼのとしてて良かったとか、アート実習の3連戦は厳しかったなぁとか、悪人列伝のオチはそうかい……と思ったら隠しサブはそれの続きで、しかも何その遊びっていうかネタ満載な内容!って感じでしょうか。
 隠しサブは好みが分かれそうですが、あそこまでいっちゃってると私はむしろ好きですね(笑)
 そういえば、いつもサブは全部重ねた状態で折られて届くのですが、今回815だけが一枚別に分けられた状態で封筒に入ってました。ちょっぴり不思議。もしかして、815を入れ忘れたとか、何か815関連であったからサブの到着が遅れて、メインのが先に手元に来たんだろうか……なんて思ったりしてみたり。 

 そんな感じで最終回のテイルが届いて、はぴがくもとうとうおしまいですね。短いようで長いようで……って感じのゲーム期間でした。
 今作の8ヶ月、とてもゲームを楽しめたのは、サブでご一緒下さったり、交流下さった方々のお陰です。由太とご縁のあった皆様、本当にありがとうございました。
 学園祭は参加予定が無いので、今回で風学とはお別れな予感がひしひしとしていますが、また別のゲームなどでご一緒することがありましたら、どうぞよろしくお願いします。
 そして「はぴがく」終了後も、このまま変わらずにお付き合い頂ければ、嬉しい限りでございます~。
2005/08/24 (Wed) 07:27 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 ちびギャラリーカンボックスコレクションにっ、買い物ついでにもう一度回してみてみました。
 この間回した時よりも、箱(って呼ぶの?)の中にあるカプセルの数が結構減ってて、緑と赤が結構多めに見える感じ。
 欲しいなぁと思ってたカッパが出やすいかも、という皮算用なども働いて「まぁ無くなっちゃう前に後悔しない程度に回しておこうよ」と挑戦です。

 がしゃこんがしゃこんと回してみて、最初に出てきたのは赤い缶。という事はすなわち「オランウータン大発見!」。
 ……個人的に一番いらないかなぁ、という缶だったりした事は内緒。
 お財布から百円玉を取り出して再挑戦。
 今度は青いカプセルです。おや、またボンさん? とか思ったら、今度のは缶の絵柄が違います。という訳で「笑えるネコ」でした。
 むー、カッパが出ないなぁと思いつつも、ダブってないしそこそこ調子が良いのかも?と思いつつ(自分に言い聞かせた、が正しいかも:笑)もう1回挑戦です。
 手持ちの百円玉的に、コレで今日は最後……と回して出たカプセルは緑。
 出た、出たよ。
 という訳で累計6回目の挑戦で出たのは「おぼれたカッパ」。そして同時に缶コンプリート達成
 すごいなー、中身はカラーとモノクロの2種類があるといえ、6つある缶を1つもダブらせずにコンプできちゃった。ダブルスイングとかは全然ダメだったのに、カンボックスはこれだもん。びっくりですよ、そしてとても嬉しい。

 で、ちょっとドキドキしつつ缶の中身を空けてみたら、オランウータンがカラー、残り2つがモノクロでした。
 最初に出たカプセルがカラーで、残り2つがモノクロってのはこの前と同じパターンですね。何の偶然なんでしょうか。
 で、手持ちがカラー2モノクロ4、てのは、やっぱりバランス的にモノクロが多いとか、何かあるんでしょうかね。個人的にペンギンとカッパはカラーの方がマグネット良さ気だったので、この2つがどちらもモノクロなのは少し残念。
 でも、缶が全部コンプリート出来た事は素直にとても嬉しい。ダブらないでガシャポン揃うのって、こんなに嬉しいものなんですねー。もうすっごく満足。
 あとは気の向いた時に1回やってみるかな、って感じにしてみようかと思います。完全コンプリートは目指してないけど、そうやって回してカラーGETできたらラッキー、程度な感じで。

 にゅふふふ、6種類の缶を並べて、にまにまにんまりです(笑)
2005/08/23 (Tue) 04:00 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 アヴァロンの鍵をプレイしに行ってきました。
 ICカードの有効期限が残り3回という状態だったので、多分使い切っちゃうだろうなぁと思い、新しいICカードを自販機で購入してからスタート。
 で、カード買っちゃったのでデータ更新してから帰りたいなぁという事で、閉店時間と戦いつつ(行ったのが清田キャッツアイだったので、夜12時でアヴァロンの鍵がある区画は閉鎖されてしまうのですが、それをすっかり忘れてた)全部で4回プレイ。

 で、排出カードはというと

伝説の海賊旗
ピアス
冥槍クロノ
マンティガン

 ……の4枚。
 クロノとか出たのはとてもとても嬉しいのですが、最後に「おお、光ってるぞ緑色……何のカードだろどきどきどき……って7って書いてる、って事はこのカードは(がくん)」……みたいなことになったので、最後のカードは少し寂しいかも。
 や、仮にもVRだし嬉しいですけど嬉しいですけど……でも、もう持ってるんだマンティガン。キラカードは殆ど持ってないのに、ディアボルガといいマンティガンといい、どうしてこうダブってくれるんだろうなぁ。もちょっと別のカード欲しいよう。

 ちなみにカード更新時点のランクは「大賢者」でした。アヴァロンまでランクアップするのが当座の目標かなぁ、やはり。
 そこまで行けたら、サブカードなぞ作ってみようかなぁとちょっぴり考えているので、わしわしと育てていこうっと。


 そうそう。
 アヴァロンの鍵をプレイしようと出かけた訳ですが、最初に向かったのは「東苗穂キャッツアイ」でした。
 が、東苗穂は魔導競技会モードになっていて、1プレイ400円状態だったのでパスしてきてしまいました。魔導競技会ってやったこと無いので、ちょっと怖くてね(笑)や、値段が普段の倍だし、カード排出がどうなるのか表記されてなかったので「もしかして出ないの?」とか思うと、怖くてー。
 でも、魔導競技会ってなかなかプレイする機会無いだろうし、折角だから1回くらいプレイしてみても良かったかも……と、思ったのは退店して車で移動を始めてからだったり。
 次行った時も魔導競技会モードのままだったら、1プレイしてみよう、うん。
2005/08/21 (Sun) 22:37 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 hirihiri2号店に行ってきました。
 ここは3ヶ月くらい前にオープンしたお店です。オープンを知った時から「高架下かー、札幌駅の近くなんだー。じゃあそのうち行ってみようかな?」なんてずっと思っていたお店だったのですが、ちょうど札幌駅近くにいたので、お昼ごはんに食べて行ってみました。

 お店はそこそこ混雑。メニューはチキン、辛さは「辛いの好きならこの位」というランクらしい4を選択してみる。
 で、しばし待って到着。
 が。
 ……おねーさんが持って来たのは、何故かチキンの5番。
 私が頼んだのは4です。伝票にもちゃんと4ってでっかく書き込んでますよおねーさん。
 という旨を申告したら、何故かその直後あっという間に届けられるチキンの4番。……状況からすると多分これ、伝票のミスじゃなくて、運ぶ時のミスなんでしょうな。他のテーブルにチキン5番を頼んでいた人がいたに違いない。
 でも、他にも、大盛り頼んだ同席者(グループで行きました)の所に普通盛りが運ばれてきたりで、ちと食べる前のミスが多かったような。
 店員さんがあんまり接客業らしくない格好と態度の人だったからなぁ、と思ってしまった私の眼差しは、偏見に満ちているのでしょうか。

 まあ、それはともかく。
 無事に全員分の注文が揃ったところで一口。
 辛いねー。でもまぁ、こんなもんかなーとか思いつつ食べる。
 ココナッツチキンの5を頼んでた同席者のカレーと食べ比べてみましたが、5はかなり辛かったです。強烈。食べれないほどじゃ無さそうだけど、夏の暑い日には遠慮したいなーって辛さ。
 この時、私は4番を選んで正解だと思ってました。
 のちほど思いっきり覆されたわけですが。

 えーとですね、辛いんですよ。
 まぁこの位の辛さなら丁度いいかなーとか思ってた私が甘かった。
 大抵のスープカレーって一口目が辛く感じても、食べるうちに慣れていくのか、中盤~食べ終わり辺りになると、一番最初は強いと思うくらいの辛さでも、あまり気にならなくなってくる場合が多いわけですよ。
 ところが。
 ここは違いました。
 食べれば食べるほど辛くなる。
 辛さが蓄積するというか。食べ進めるほどに辛さを感じてしまう訳です。半分ほど食べた辺りで下がビリビリしてきて大変。勿論、汗もたっぷりと吹き出て来ます。
 同席者の辛さは2・4・5に分かれていた訳ですが、2だった一人を除いて、残り三人で辛いを連発。そしてひたすら水を飲む。
 水差し(多分1リットルくらいの奴)が一つ空になり、二つ空になり、三つ空になり……とんでもない量の水を飲み干してしまいました。

 いやー、これは3でも全然良かった。汗を抑えるなら2にしても良かったかもと思ったくらいだ。なんだね、この辛さは。「さすが店名がヒリヒリなだけあって辛いよ、ヒリヒリするよ」という同席者の言葉に、残り三人が深々と頷くってどういう店ですか。
 もったいない病&大食漢&ご飯は残さず食べるべし主義ゆえに、ご飯を残す事は滅多にない私が、スープ残してお店を出る事にした位ですよ。もうね、どれほどだったか察して下さい……。
 ちなみに、あまりに辛かったので「辛い」以上にも以下にも評価できませぬ。スープ本来の味とか具材の味とか、さっぱりわからんかった……というより「辛い」以外の事を何も覚えとらんよ……(野菜が何入っていたか、すら覚えてない)

 という訳で、何かの事故だったんじゃ無いかというくらい、とても辛いカレーを食べて店を出たら、土砂降りの雨に見舞われてしまった土曜の午後だったのでした。
 行かれる方は辛さのランクは決して冒険せず、控えめの数字を選ぶ事をオススメします、ええ真剣に。
2005/08/20 (Sat) 23:44 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 したのだ。

B0009RQJCC

 という訳で「サモンナイトエクステーゼ」の発売日から、丁度2週間でクリアいたしました。
 といっても、終盤まで進めて一週間放置、とかいう状態だったのがアレなのですが(笑)
 戦闘もアクションも結構楽勝でサクサクと進んではいたんですが、やっぱりクライマックスとなるとそうもいかないようで。終盤の3連続戦闘は四苦八苦しながらになってしまいました。ふぅ。

 EDは2。ネタバレになっちゃうのでEDタイトルは伏せ。思っていたよりも、かなりサラッと淡々とした感じのEDだったので、ちょっと拍子抜けしちゃいました。うーん、他のEDもこんな感じなのかな? それともこれは、2番という中途半端な位置のEDだから?(笑)
 召喚獣をコンプ出来なかったのがちょっと心残りなので、主人公を変えてもう一度別のEDを狙いつつプレイしてみるのも良いかもなぁ、なんて思っていたり。

 ちなみにストーリー自体はそこそこな感じでしたが、なんだか全体的にあっさりとしていた気がします。EDの感想でも書きましたが、それ以外の部分も、軽くサクサクと進んでいく感じなので、あんまり、深く・じっくりと描いている部分が無いのですよ。
 どのキャラも背景が詳しい設定されているようなのに「このキャラはこういう設定なんですよー」と軽く掲示して終わりというか。それをじっくりと描いてくれればいいのに、さらっと設定に触れて終わりなので、どうもね。
 じっくりやってくれれば良かったのに、惜しいなぁ……という部分が多々あった感じです。
 ボリュームも決して多くないゲームだったので、その辺りを強化しつつ、もう少しストーリー充実されてくれてたらなーとか思ってしまったり。

 あとは、やっぱりなんというか、アクションRPGってジャンルにして「サモンナイト」ってタイトルで出す必要があったのかなー、という気分にはなりましたね。全く別のタイトルのゲームでも良かったよねこれ、という。
 とはいえまぁ、そこそこ重くてダークなストーリーが用意されていた辺りは、やっぱり「サモンナイト」してるかなぁとも思いましたけど。

 まぁ、戦闘自体はあんまり難しくないし、サクサク動けるしでストレスが無かったので、プレイ自体は結構楽しめました。
 失った記憶を探して旅に出る……というストーリーが好みならば、遊んでみてはいかがでしょうか。
 特に、サモンナイト好きだけどアクションだからって二の足踏んでる方。アクション・戦闘面だけを比較するなら、クラフトソードよりは楽じゃないかなぁと思いましたよん。ゲームオーバーになっても、その戦闘をやり直す(しかも装備変更してから)という機能があるので、かなり便利でしたしね。

B0009RQJCCサモンナイトエクステーゼ 夜明けの翼

バンプレスト 2005-08-04
売り上げランキング : 71

Amazonで詳しく見る


2005/08/18 (Thu) 19:12 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近ご無沙汰していた、ちびギャラリー関連のガシャポンを、久しぶりに回してみました。
 今月でた、カンボックスコレクションにっです。

 カンボックスコレクションは、その名の通り、ちびギャラリーのイラストが入ったミニ缶がカプセルの中に入っています。
 ミニ缶の中に、同じ絵柄のマグネットつきマスコットキャラクターが入っていて、これで1セット。
 1回200円。
 以前出た無印のカンボックスコレクションは、残念ながら回す事が出来なかったので、「にっ」が出ると知った時から「今度の奴は絶対に回すぞ、GETするぞ!」と心に決めていたのです。
 で、近所に置いてあったので、手持ちの100円玉で回してみる事に。

 がちゃがちゃがちゃ。ことん。
 ……カプセルが出て来た出て来た。どれ、缶の絵柄は……ぼ、ボンさんじゃないですかっ。

 ……このカンボックス、全部で6種類なのですが、そのうち5つは既出の絵柄。書き下ろしの絵柄は一つだけなのですね。
 で、その書き下ろしというのが「ボンさん」という猫の絵柄なんです。
 ええ、しょっぱなから書き下ろしの缶をGETしちゃった訳です。びっくりびっくり。というか、このボンさんが丁度欲しかったので、なんかこう「目標達成!」的な気分(笑)
 とりあえず、中身が気になった(中のマグネットにはモノクロとカラーの2種類あるのです。開けないとどちらなのか判らない)ので、近くの椅子に腰を下ろして、その場で確認。

 ……ねずみ色が見えるぞ

 ボンさんというのはカラー時はグレーのにゃんこさんなんです。
 ええ、見事にカラーバージョンでした。最初の一個でなんですかこのラッキーさ。
 という訳で「もしかして今日ついてる? もっと回してみよっかな?」と、手持ちの100円玉を更に投入。
 お次に出たのは「気づいたウサギ」。個人的にはまぁ、可もなく不可もなくという感じ。中身はモノクロでした。……なんていうか、かなり全体的に黒い配色でした。
 で、手持ちの100円玉はあと3枚。……じゃあもう1回チャレンジしてみようかな、という訳で、ガシャガシャガシャ。
 3つ目は「飛べないペンギン」でした。

 …………ビックリだ。
 事前にラインナップを見て、私は「絶対欲しい! って程の物は無いけど、ボンさんとペンギンはGETできたらいいな~」とか思っていた訳なんですよ。それが両方ともGETできるって、一体どういう事ですか。
 これでカラーだったら本当にラッキーだなぁ……と思いつつ、空けてみた缶の中身はモノクロ。まあ、そんなに上手くは行かないか(笑)
 でも、欲しかった絵柄の缶は確保できたので、ほくほく~。
 缶もマグネットも、特にこれという使い道は無いのですが、折角好みの物が手に入りましたし、良い使い道を考えつつ、とりあえず部屋に飾っておこうかなーと思ってます。

 そういえば、中に入っていたチラシ(っていうの?)に「スタンプメイトダブル」という新製品の告知がされてました。11月予定で200円らしい。
 これ、ガシャポンの予告ですよね? ……スタンプは面白そうなので、これは結構楽しみかもと思ったりして。でも、11月って、まだ結構先だなぁ。
2005/08/17 (Wed) 23:08 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 先月オープンした「らっきょ大サーカス」に行ってきました。
 ここは琴似の有名店「らっきょ」の支店です。……らっきょの名前よりも、最近だと「スープカレーの匠」の方が知名度が高いかもですけど。
 あ、こんな名前だけど、ごくごく普通のスープカレー屋さんです。ショーとかをやってる訳じゃありません(笑)

 場所は南郷14丁目。国道12号線沿いの、かなりわかりやすい立地です。セブンイレブンの隣、国道を挟んだ反対側には病院。
 で、行ってみてびっくり。混んでる混んでる。駐車場が既に満車状態だったので、当然お店自体が空席待ち。先に3組待っている状態で、席に案内されるまで15分ほど。
 メニューはチキン・野菜・豚の角煮・ラム・納豆なめこ・おこげ……というラインナップ。本店や、もう一つの支店「らっきょブラザーズ」とは少しメニューが違うようです。
 で、スープカレーの感想を書かれているブログさんで「おこげが美味しい」という情報を得ていたので、挑戦してみようかなーと思っていたら。

 本日売り切れ。

 ……まあ、売れてしまった物は仕方ないので、じゃあチキンにしてみようかなーと思いつつ……頼んだのは「野菜」にチキントッピング。
 …………野菜いっぱい食べたい気分だったんです。でもチキンも食べたかったのです。正直、とてもお腹が空いていたのです(笑)
 で、ここの辛さは5段階。夏場だし汗をかきたくないからと、ちょっと抑え目にして4番を選択。

 しばらくして出てきたのは……盛りだくさん、という感じの器。
 食べ応えありそうな感じだなーと思いつつ、まずスープを一口。
 うん、美味しい。
 辛さは4を選んで丁度良かったですね。それでもやはり汗がじわりと滲んでしまいましたけど。寒い日などなら迷わずに5かな。ある程度辛いのが好きだという人は、4か5を選ぶのが良い感じかと。
 具はというと、にんじんジャガイモなすピーマン……といった野菜が、それぞれ2つずつ。これが予想していたよりも多い。多い、というか、思っていたより1つずつが大きかったというか。半分くらい食べた時点で、結構苦しくなってしまってました。
 でも、美味しいから残すのは勿体ない気がして、ついつい苦しいと思いつつも食べてしまうという(笑)
 野菜自体も美味しいし、スープも美味しい。チキンも柔らかくて、骨から外れやすかったので食べやすかったし。
 らっきょ系列のお店で食べたのは初めてでしたが、美味しかったです。うん、これはいいなぁ。他の2つのお店に比べると段違いで近い場所にあるし、これからも行きたいなぁと思ったり。
 ……しばらくは混んでいそうなので、それが一段楽しそうな頃を見計らってにはするつもりですけど。
2005/08/14 (Sun) 22:33 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 という訳で、アクション出しました。
 あれこれ悩みつつも、結局今回のアクションは「Alexa上層部と交渉」を選んで、交渉の方に行ってみる事にしました。
 が。
 ……時間が足りない。とっても時間が足りないですううう。

 前に「水曜までにアクション書かなきゃー」とか書いてましたが、水曜どころか木曜にすら書き上がらず、結局アクション完成しないままに家を空け、金曜日に帰宅してから、大急ぎで書いて郵便局へ行く事に(汗)
 慌しかったので、どうにも穴がありそうな気がしてなりません。事実、穴というか、帰宅してからアクション用紙のコピー取り忘れた事に気付いてガックリと来たし。
 アクション公開誌「拝見となりのアクション」さんに申し込みたいと思っていたのに、これじゃあ参加できん……てゆーか、前回もこのパターンだったというのに……またやるかい私……(くすん)(アクションのコピーを取る習慣が無い人)
 とりあえず、書きたかった事は大体書けたので、あとは結果を待つのみ、ですね。……なんかまた一行登場とかになりそうな不安が、ひしひしとこみ上げてきたりしないでもないですが(ふ)。
 結果が届くのが楽しみ楽しみ。
2005/08/13 (Sat) 16:00 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 セガダイレクトから荷物が届きました。
 でっかいダンボールが一つ。代引きで。
 ……本当にダンボール大きいです、ええ、普通に箱受け取って家の中に戻ろうとしたら、ガツンとぶつかってしまいましたから(笑)もしかしてダンボール開けないと中に入れないんじゃないかと一瞬思ってしまったほどですよー。かなりでっかい。

 さて、何を買ったのかといいますと、これです。
 アヴァロンの鍵 弐 オフィシャルカードバインダーでございます。
 いやぁ、ずっと買おうかなーとは思っていたんですけどね。でも結構高いからなぁと二の足を踏んでいたんです。
 そうしたら、鍵聖戦に合わせて、このバインダーの追加エキスパンションが出るという情報を得たわけですよ。
 じゃあ、そっちの詳しい情報を待ってから、もう一度考えてみる事にしよう。……なんて思いましたら。

 出た告知がこれ

 ……追加用のグッズが出るんじゃなくって、アヴァロンの鍵を卓上で遊ぶための商品に「オマケ」としてついて来るって扱いデスカ。
 いや、この「円卓の召喚符」自体は、アナログでアヴァロンが遊べるようになると意味で、とっても嬉しい商品なんですけど、その抱き合わせぶりにびっくりした訳で(笑)
 とりあえず、家でアヴァロンが遊べるというのは魅力的だったので(もし今後アヴァロンの鍵がゲーセンから消えても、個人で遊べるって事ですし)、「円卓の召喚符」は購入決定。
 すると付随するカードリフィルの扱いに困る。
 ……いやぁ、なら、バインダー本体の方も買っちゃおうか、という結論に達して購入です(笑)

 バインダーはしっかりとした作りですね。まだ簡単に中身を確認しただけなのですが、表紙が立派な感じ。弟の持ってた遊戯王とかポケモン用なんかのバインダーとは違いますね(そりゃまぁ値段が全然違うしな)。
 カードリストが想像以上に立派だったので、ムックを持っていない私としては、これは結構便利だなと思ったり。
 カードケースの方は未開封なので感想はパス。
 あとは、次にプレイしに行く時は、EXカードのジャンフィニー持っていって、どんな感じなのか試してみたいところですねー。

 とりあえずは、時間のある時にバインダーに手持ちのカードをファイリングして、残りのダブっているカードをカードケースに移し変えたいなと思ってます。スターターとスリーブを購入した時の箱は卒業だい(笑)
2005/08/08 (Mon) 20:41 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 ネタにするのを忘れてました。
 サモンナイトエクステーゼ、買いました……というか、お馴染みのPS.comさんから発売日に到着です。
 中身はソフト+予約特典の冊子。冊子の方は、クラフトソードの時のような紙じゃなくて、サモンナイト3のようなしっかりしたハードカバーです。中身はまだ見ていないのでノーコメント。

 で、とりあえず説明書を開く。んー、やっぱりジャンルが変わっただけあって、かなり操作方法が違いますね。
 てっきりクラフトソードに似ているかと思ったら、クラフトソードとも結構操作方法が違うようです。
 ぱっと読んで、メニューがスタートボタンで、△ボタンでアイテム使用、という記述に少し嫌な予感。ずっと△はメニューというゲームばかり遊んでいるので、メニュー出そうとして間違ってアイテムを使う、というミスをやってしまいそう。

 ……なんて思っていたら、実際にプレイを始めたあと、何度もやってしまいました(笑)

 説明書はしっかり読むと時間を食いそうだったので、習うより慣れろだ!という精神でさくっとプレイ開始。OPムービーは、今までに比べるとちょっと物足りない感じ。短くないですか?
 これまでのシリーズに則って、テロップありと無しの2バージョンが用意されているみたいです。「ゲームをするときは部屋を明るくして……」の警告もきちんと用意されてましたけど、確認できたのは主人公ズの1種類だけ。ちょっと寂しいなぁ。

 アクションはそんなに難しくないです。まだ1度もゲームオーバーになっていない(ちなみに現在ACT9)ので、苦手な人でもあんまり関係なく遊べそうじゃないかなぁと。現にアクション苦手な私も遊べています(笑)
 サクサクッと進んでプレイもなかなか快適です。ロード時間とか感じませんから、ストレスがなくていいです。
 一つだけ、移動速度が私には少し遅いかなーというのが唯一気になる点かな。歩く/走るの区別が無いので、こんなものかもしれませんが、結構移動が多いゲームなので、「遅いなぁ」と感じてしまうことがしばし。さくさく軽快に走れたら、あちこちへの移動が快適だったろうなぁ……なんて思ったり。

 が、アクション以外に一つ、ストレスの溜まっている部分が一つ。
 召喚獣です。
 今回、召喚獣は名前の欠片を集めて、欠片が全て揃ったら召喚可能になるシステムになってますが……この、名前の欠片が集まってくれない。
 と、いうのも、名前の欠片は主に、宝箱に入っていたり、特定の敵が特定の文字をロストする(倒した時に落とす)のですが、これが厄介。
 召喚獣には「使用できないとギミックを発動させられず先に進めない」という召喚獣が多くて「この召喚獣が必要っぽいけど、使えないよー」という状態に何度か陥っているのですね。
 そういう欠片は、ダンジョンで取り損ねた宝箱の中に入っていたり、敵が落とす文字を拾えていなかったりするのですが……そのためにクリアしたダンジョンを片っ端から調べてみたり、どの敵が落とすのか解らない文字の為に、あちこちさまよってひたすら戦闘してみたり……と、非常にめんどいのです(汗)
 あまりに大変なので、召喚獣が原因で進めない状況に陥った(っぽい)時は、攻略サイトに頼りながら進めてます……これ、完全に自力でクリアするのは、かなり時間と根気が必要そうだと思います。

 あと、余談ですが、途中で次は一体何をしたらいいのか(というか、どこに行けば次のイベントに進むのか)、解らなくなる事がしばしあったり。クラフトソードのような、パートナーとの会話で次は何をするのか解る機能があると良かったなぁ。

 とりあえず、そこそこ楽しめているので、ぼちぼちと遊んでクリアを目指したいと思います。
2005/08/07 (Sun) 22:02 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 8月3日にバージョンアップした、アヴァロンの鍵「鍵聖戦」をプレイしてきました。
 行ったのは札幌ススキノのセガ。ここには確実にあるだろうと見越して行ってみたら、やっぱりちゃんとありました。
 でも、あんまり見た目は変わってないんですねー。最初ちょっと「おや?」と思ってしまいました。悪魔軍団のイラストを使った看板が出てたのと、各サテライトにバージョンアップのお知らせが出ていた位しか変化してなかったような気が。バージョンアップってこんなもの?

 で、着いた時は、4つあるサテライトのうち3つが埋まっている状態。わー、びっくり。席が全部埋まっているのを体験するのは、アヴァロンの鍵じゃ初めての事ですよ。大体、他に人がいたとしても、一人だけって感じなのに……バージョンアップすると賑わうんだなぁと思いつつ、一つだけ空いていた席へ。
 ICカードを入れたら、更新していいかという確認画面へ。ああなるほど、ゲームがバージョンアップしたから、鍵聖戦でプレイできるように更新すると、今までの弐では遊べなくなってしまう訳なのですねー。
 まぁ、バージョンアップしたというのに、わざわざ昔のバージョンで遊んだりしないだろうし(というか、きっと設置店が無いと思われ)、さくっと更新してプレイ開始。

 最初のターンから「便利なポケット」が来たので、新カード使えないかなぁと使ってみたら、いきなり新カードの「草薙の燕」を拾ってきました。
 折角なので、と戦闘に使ってみる……。
 ちなみにデータは、移動赤1/攻撃13/耐久10/【戦闘時発動】どちらかが戦闘支援カードを利用した場合、耐久が3倍になり2回攻撃する……というカードだったんですが。

 ――お互いに支援カードを使っていた為に、特殊効果が発動せず、基本的な能力値の低い燕は、あっけなく倒れて敗退。
 しょっぱなから「草薙の燕って扱いにくそう」という感想を抱きつつ、プレイ続行(笑)

 で、まだ階級が低めの私は、迷わず1人用プレイだったのですが、NPCのデッキがかなり変わっていてビックリ。かなり新カード使ってくるみたいですね。いきなり悪魔軍団とか草薙の燕とか、ガンガン使ってくるので画面が賑やか。でも、新カードの能力なんてさっぱり把握していないので、攻め込む側は大変大変。モンスターと支援の組み合わせ方が難しかったですねぇ。これはまぁ、慣れるしかないんだけど。

 で、しばらくプレイを繰り返して、プレイキャラのアリア(ローザ)は賢者にランクアップ。んー、アヴァロンにまで行きたかったけど無理だったみたい。
 というのも、そろそろICカードの利用回数が0になりそうなんですよね。1枚目でアヴァロンまで行けると良いなぁと思っていたんですが、どうも難しそう。ちなみに回数切れまであと3回。
 2枚目突入かぁ……と思うと、感慨深いです。そして、これまでアヴァロンの鍵に費やした金額を思い遠い目を(笑)

 ちなみに本日のプレイで手に入れたカードは次のような感じ。
(新)は新しく追加されたWナンバーのカード。

イエローパズル
蒼玉文明(新)
天女の羽衣
海王の王冠(新)
レッドパズル
冥魔ポロン(新)
シーウエポン
爪のセトラ(新)
イヌガミ
仙龍(新)
ミスティコクーン
風雷の舞(新)
ダゴナイト
熱帯魚の唇(新)
草薙の燕(新)

 ……いっぱいだ。ついつい当初の予定以上にプレイしちゃったよ。一体何円使ったのかとかは、考えない方向で(遠い目)
 で、開けてみて驚いたんですが、やたら新カードが出ますね。ずっと一枚おきに出ていたので、稼動直後だから新バージョンのカードを多めに……って事なんでしょうか。
 で、最後の草薙の燕がVR。鍵聖戦最初のキラカードは草薙の燕となりました。……なんの巡り合わせですか、最初のターンで使いにくそうだと思ったカードが出て来るって(笑)
 あと目ぼしい物は、悪魔軍団の一枚になる爪のセトラでしょうか。モンスターというか人+モンスターってイラストで、結構格好いいです。好みだなぁ。もう少し悪魔軍団引けたらいいなぁ。

 で。
 私のプレイはこんな感じだったんですが。
 ……実はプレイ中に、他のサテでプレイしていた方から、声を掛けて頂いたのですね。
「始められたばかりですか?」
「うーん、そこそこ……?」(半年前からなので「ばかり」ではないよね)
 みたいな会話をしたら、そのお兄さん、持っていたカードの束を「不要なカードなんですけど欲しい物があったらどうぞー」と差し出してきたのです。
 声を掛けられたのって初めてなので、ビックリして驚いてドキドキしつつも「ありがとうございますー」と、見せて頂いて、まだ持っていなかったカードを、有難く貰ってしまいました。
 ……全部で35枚もあります。こ、こんなに貰って良いのかなぁ……とか思ったのですが、お兄さん曰く、本当にカードあまってるから気にしないでね、との事で……ご好意に甘えてしまいました。
 一方的に頂くだけの形だったのがアレですが、他のプレイヤーさんとの初めての交流だったので、とてもとても嬉しかったり。

 すごくいい一日だったなぁ、なんて思いながら帰宅しました。
 今回のプレイで手に入れたカードと、譲って頂いたカードとにらめっこして、また新しいデッキ作ろうっと。
2005/08/06 (Sat) 23:16 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 ブラオペのアクションをぼんやりと考える。

 ……実は一つ、個人的な事情から早めにアクションを練らなければならない事が判明してしまいました。
 ブラオペのアクション締め切りは15日(月)必着。
 オフィシャル曰く「普通郵便の場合は三日前までに投函」を推奨。
 まぁ、そうじゃなくても確実に安全に必着日までに届いて欲しい場合の投函デッドラインは、その前の郵便局の営業日である、前週金曜日の12日ですよね。

 そんな中、私は11~12日、自宅を留守にする可能性が非常に高くなりました。
 ええ、見事にアクション投函直前です。本来ならば必死でアクション書いてるでしょって頃です。
 ……い、痛い。

 そうなると私が取るべき道は「10日までに仕上げて早めに送る」事にするか、もしくは「土曜日に仕上げて速達でGO!」のどちらかな訳で。
 …………窓口から発送しないと安心できない人間であり、近所に時間外窓口のある郵便局なんぞ無い、という私が取る道は、そりゃぁ前者だろって訳ですよ。
 ええ。
 必死で書いても10日に終わらなかったら、その場合はどうしようもないので土曜投函しますけど。

 ……という訳でいきなり「アクション締め切りまであと5日」みたいな状況になってしまいました。あれ、おかしいなぁ。
 そんな訳なのでこの週末~来週頭にかけて、頑張って考えます、はい。

 余談。
 これまでに経験した、テラとかPASとかは概ね「第○月曜日に投函」みたいな曜日を基調としたスケジュールだったので、ブラオペのスケジュールはちょっとやりにくいです。スケジュールが日付で決まるのと、曜日で決まるのとでは、かなり違いがあるんだなぁ……と、じわじわ実感してみたりして。
 アクション締め切りの直前に週末がある、というのは結構PLには有難い物だったんだなぁとか思っている所です、はい。
2005/08/05 (Fri) 12:57 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 きゃーきゃーきゃー!
 ……と、心の中で叫びまくりです。

 私の好きな歌手の方に、畑亜貴さんという方がいます。
 ゲーム「悠久幻想曲」で出会ってから、ずーっとお好きな方。畑さんの歌を聴きたくて、あちこちのゲームのサントラを集めたりした程だったりします。
 が、ご本人のCDは2枚しか出ていなくて、最後に出たCDも99年発売……という感じで、新曲がしばらく無かったのですね。
(ゲームやアニメ関係では新曲を作られていらっしゃるので、サントラ類を物色していた訳です)

 そんな畑亜貴さんが発行されているメルマガ、「踏まないで!骸骨を。」が2日に届いたのですが、それを見ましたらば。
 アルバム『弦は呪縛の指で鳴る』9月22日発売の一行が。

 ……ああもう嬉しい。嬉しすぎて文章では表現できない(笑)
 今回は畑亜貴さん個人としての名義ではなくて、月比古というバンドとしてのCDではありますが、紛れもなく畑さんの新しいCDとなる訳で。
 バンドになると一体どんな風になるのかなぁと思いつつ、今から発売日を楽しみに楽しみにしている次第。

 畑亜貴さんの事はご存じないという方が多いかと思いますが、とてもとてもオススメなので、是非是非一度お聞きになられてみて下さい。
 歌詞は不吉だったり恐ろしいものだったりと、ご本人が「破滅系」だと仰られるだけある内容なのですが、高くて綺麗な可愛らしい歌声と重なると、言葉で表現しがたい独特の雰囲気が出来上がって、とてもとても素敵なのです。
 いやもう、本当に大好きなんですよ。

 そんな、畑亜貴さんのサイトはこちら。(これまでに関わった楽曲のリストあり)

~新曲~
B000A6KAH2弦は呪縛の指で鳴る/月比古
~これまでの2枚~
棺桶島
世界なんて終わりなさい
2005/08/04 (Thu) 01:18 | 音楽 | コメントする(0) | Trackback(0)
 という訳でリアクション来ました。
 A013702「血みどろの戦い」というタイトル。

 内容は、タイトルから大体の想像がつきましたが、地返村の攻防を描いたものとなっていました。危険度が高い+初回からさっくり殺るよん、という予告通りの展開で、死亡者も出ています。この死亡者が「ロジックに敵対したロジックのロアド」(しかもロジックに切り殺された)というのが、なんとも。
 最終的には朝を迎えて、時間切れの形で双方痛み分け、ってな戦いの終わり方でした。次回はオテル・ド・ブリュメールでAlexa上層部と話し合いをするため、東京に向かう事になる模様。

 鈴音個人の結果は、台詞一行+行動一行(+複数人の行動描写として一行)。ロジックの襲撃を村に知らせて回る、という内容になっていました。
 んー、これはアクションが悪かったな。事前の対策に字数を割いていたのですが、表で全く描写されてませんね。行間にそれが役立ったという描写も読み取れないし……失敗だなぁ。
 リアクション自体は非常に面白かったし、大体どんな感じのリアクションが届くのかも解ったので、次回は「もうすこしがんばりましょう」という感じですね。
 という訳で、次もホリロジシナリオ継続参加は決まりです。

 問題は行動の内容。
 次回の選択肢は「高速道路上の決戦!」「Alexa上層部と交渉」「オテル・ド・ブリュメール本店で○○する」なんですよねー。
 無難(基本)なのはロジック側の迎撃になる訳ですが、PL的にこのシナリオを選んだのは、ドレーガを滅ぼす手段を追求したいからっていうのがある訳で。そういう意味では交渉シナリオへ行くのも捨てがたく。
 ロジック側でブリュメール襲撃をかけようと考えるPCがいないとも限らないので、その警戒に当たるというのもアリ、というか、誰かはやっておくべきだよなぁと思わなくもなく。
 ……とか考えると難しいところ。うーむ。
 鈴音の性格とか考えると、ホリィと一緒に東京へ移動する事にして、戦闘一本でいくのが向いてそうかなぁ。
 交渉シナリオに行っても、何かを交渉をするようなキャラじゃないというのがあるし(笑)何かいい行動を思いつくことが出来たら交渉へ、そうでなければ戦闘側へ、って感じかなぁ。

 ちなみに名簿によると、リアクションは00~03の4つがあるようです。というか名簿に全参加者載りきっていないようなので、ざっと判断して参加者は3ケタ以上っぽいです。かなり過密シナリオになっている模様。
 リアクションで鈴音と一緒に描写されていた、稲村さんのお名前を探してみましたけど、見つからなかったりしましたしね。
 非公開の人であろうと、名簿には全員の名前を掲載して欲しいものだなぁと思うわけなんですが、そういうのは難しいんでしょうか。

 あ、ちなみにキャラクター登録は無事に完了していました。現在のBPは1110との事。初期状態で1000らしいので+110なのかな。どこでどう増加したのかはよく解りませんけど。
 が。
 しかし。
 根本的なところに、1つ問題がありました。

 ……住所、まだ間違われたままだよ(遠い目)

 うがー、登録セット到着後に問い合わせて、訂正用紙送って欲しいって返事だったからちゃんと送ったのに。送ったのに、まだ住所おかしいって。どういう事ですかエルスウェアさん……(がっくん)
 今月も訂正用紙送らなければならないわけですね……忘れないようにしなくちゃ……。
2005/08/03 (Wed) 23:40 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 巷じゃブラオペのリアクション発送日を迎えて、あちこちで話題に登ってますね。
 発送予定日が日曜日だったので「おや、大丈夫?」とか思っていたんですが、本当に31日にごくごく普通にリアクション発送となったようで。
 メールサービス分だけじゃなくて、関東の方には既に紙リアも届いているとか……これは素直にすごいなぁ。公式によると全リアクション発送済みらしいので、更に感心してみたり。

 が、私の所にはまだリアクションが到着していないので、内容そのものについてはノーコメントで(笑)
 メール送信サービスは申し込んでないし、北海道には流石に、翌日すぐに紙リアは到着しませんからねー。
 でもこの様子なら明日には来るかなぁ。

 で、8月1日はPAS「はぴがく」のアクト締め切り日でございます。とうとう最終回ですねー。最終回に未着扱いは寂しいので、忘れずに郵便局へ持ち込んで、さくっと発送してきました。

 今回のメインは52。サブは結局、
807 無限の空 夢という虹
810 また、会おうね。きっとね。
814 アート実習 総集編
815 新生活はいつもここから!?
822 学園悪人列伝4
 ……の5つに加えて、学園悪人列伝シリーズで出た隠しサブを加えて、計6つという事になりました。
 卒業式系を多めに取ってみたんですが、これは「物語の一区切り」をつけての、最終回っぽいテイルがほしいなぁと思ったから。
 賑やかで楽しい日常がずーっと続く、ってのも悪くないんですが(良くも悪くも、それがこのシリーズなので)、最終回くらいはきちんとしたエンディングが欲しいなと。
 ……あんまり過剰には期待してませんけどね(苦笑)
 前回の植樹サブくらいのが今回も届いてくれたら嬉しいな、という程度。


 さて、はぴがくも済んだし、次はブラオペです。結果が早く届きますように。
2005/08/02 (Tue) 00:31 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 北のアイスクリーム屋さんに行きました。
 ここは有名なアイスクリーム屋さんなのですが、特に変り種アイスで有名な場所なんです。うにアイスとか豆腐アイスとかイカスミアイスとかじゃがバタアイスとか……「えー、そんなのアリ?」というアイスがあれこれと並んでいます。

 で、お店に行ってみて悩むわけです。
 ごくごく普通のアイスを頼むか、それとも変り種アイスに挑戦するか。折角なので変り種かなーと思いつつ、普通な感じのアイスも美味しいと聞くので、悩みどころ。
 結局、私が頼んだのはクリームチーズにホワイトピーチのダブル。……ええ、勇気が無かったので普通の奴にしました(笑)
 ちなみにお店では、どちらのアイスも「人気!」の札が出てました。正確には「女性人気NO*!」って札だったんですが……何位だったのか忘れちゃった(笑)確か他に「塩アイス」ってのを入れて、上位3つだったと思うんですが。
 ちなみに男性人気はウニが1位でした。……ああ、男の人ってそういうの食べるの好きそうだもんなぁ、なんて思ったり。
 反対に女の人は、普通な感じの味を堅実に選ぶって人が多いんでしょうねぇ。性別の差をひょんな所で垣間見ました(笑)

 で、まずはホワイトピーチ。見ただけでざくざくたっぷりと桃の実が入っているのが解ります。すごいなぁ。そして美味しい。さわやかな桃の味、って感じで私の好み。
 クリームチーズは思っていたほどチーズの味が濃くなくて、どちらかというとアッサリな感じ。ちゃんとチーズって味はしているけど、くどくない。こってりこてこてなチーズ味は苦手な身としては、これもまた好みに合っていて美味しい美味しい。
 暑かったのですぐに溶けてきてしまって大変でしたけど(笑)冷たくて美味しいひとときを過ごせました。

 ちなみに相方がいちごミルクと紅茶のダブルを頼んでましたので、一口ずつ味見。いちごミルクは、ごくごく普通に苺味。美味しかったけど、苺味のアイスは割と他のアイスクリームのお店でも食べられる事を考えられると、ここでは他のものを……って気持ちになるかも。
 紅茶の方は、これがビックリしたんですが、紅茶そのまま! って感じの味でした。確かにこれは紅茶味、しっかり紅茶だー……って。ここまで紅茶の味だとは思っていなかったので驚きました。この様子だと、他の変り種アイスの味も結構期待できるのかも……とか。
 次に行ったら、何か挑戦してみたいですね~。
2005/08/01 (Mon) 23:36 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 日曜日、なるとの本店に行ってきました。
 他に「ニューなると」なんてお店もあるようで、メニューも一緒みたいなんですが関連性はよく解らず。姉妹店なのかな?

 それはともかく。
 この「なると」というお店は、鶏肉料理が美味しいという事で有名です。
 一番有名なのは、鶏肉の半身揚げじゃないでしょうか。鳥の半身をあげているという、そのまんまな料理なんですが、これがとっても美味しいという評判で。鶏肉の好きな私は、いつか行ってみたいとずーっと思っていた訳なのです。

 という訳で実際に行ってみました。
 頼んだのは、若鶏の半身揚げにご飯・味噌汁・漬物・おひたしがセットになっている、若鶏定食1100円。
 ランチタイムだと100円引きになるらしくて1000円でした。
 ……メニューには日曜日はランチ割引なしって記述されていたんですけど、実際の値段は値引きされたものになってました。

 で、出て来ての第一声。
「でかい」
 ……いやぁ、若鶏の半身揚げって、こんなに大きいんですね。よく考えたら半身って一羽の半分って意味だから大きくて当然なんですけど、それでもびっくり。こんなに食べれるのかってくらい。
 一緒に行った相方は、ザンギ定食(900円)というのを注文。こちらはじっくり揚げているのか、私よりも結構遅れて到着。大きなザンギが5つだったかなぁ。乗ってました。
 で、食べる。
 美味しい。
 パリパリの皮とじゅわっとした身。できたて・あつあつの鳥は、とっても美味しかったです。
 相方のザンギも味見したんですが、これがまた美味しい美味しい。こちらは骨がないので、その分とても食べやすい感じ。ただ、割と味はアッサリ目なので、ちょっぴり物足りなく感じてしまうかも。あと、相方曰く、結構油がお腹に来るそうな。
 若鶏の半身揚げは、半分ほど食べた時点で「もう満足だよ~」という状態。正直、量が多くて食べきれないんじゃないかというほど。や、頑張って全部食べたけどね、結構苦しかった。ほんとボリューム満点って感じです。
 冷めて来てしまうと、やっぱり味がイマイチな感じになるので、複数人で熱いうちに一気に食べる、って形がいいのかもしれません。

 それにしても美味しかったなぁ。小樽に行ってお腹が空いている時は、ここ、かなり良いんじゃないかなぁと思ったり。また行きたいです。
2005/08/01 (Mon) 22:39 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。